自動車保険代理店の選び方(プロ代理店と副業代理店)

 

 

家は代理店型の自動車保険だから、何かあっても安心だな

一般的に代理店型自動車保険は非常に充実したサービスを受けられると考えられています。

 

代理店は保険のプロなので、困ったときには色々助けてくれると考えるのが自然です。

 

しかし、自動車保険を扱う保険代理店のレベルは、想像以上に差があります。

 

今回は、代理店型で自動車保険に加入したい方が、どのような代理店を選べば良いのかについて、解説してみます。

 

 

保険代理店は、専業(プロ代理店)を選べ

保険代理店は、大きく分けると以下の二つに分かれます。

・専業代理店 (プロ代理店)保険販売のみを事業とする
・副業代理店  保険以外の事業も行う

 

専業代理店は、保険販売を専業とする「保険のプロ」になります。

 

当然ですが、保険や事故に関する専門知識が豊富なスタッフが多く在籍しています。

 

副業代理店は、別の業務に付随して保険を取り扱っている業態です。
(ディーラー、中古車販売、不動産業者など)

 

保険に詳しい人も居ないわけではありませんが、メインの仕事ではないためどうしても、知識不足は否めません。 

 

契約業務は行いますが、事故などの対応は一切しない代理店も多数存在します。

 

つまり、代理店の中でも、保険のプロは「プロ代理店」という事になります。

プロ代理店のメリットとしては

 

・事故解決を保険会社とともにサポートしてくれる

・家族構成の変化など、状況に応じた保険内容の切り替えを提案してもらえる

・生命保険も含めて、すべての保険を任せる事が出来る

・レアなケースの保険金請求もきちんとやってくれる(保険金請求漏れがない)

・保険関係の相談を気軽にできる(友人の事故など)

 

簡単に言えば「自分専属の保険の専門家」を雇っている感じです。

 

近年のプロ代理店は、生命保険の資格やFP(ファイナンシャルプランナー)の資格も積極的に取得しています。

 

ですから、相続の相談など、ライフプランに関しての相談にも乗ってくれるでしょう。

 

上記内容が、全く同じ保険料で得られるのですから、プロ代理店で加入しないのは非常にもったいないと思います。

 

 

ディーラーや中古車屋さんの保険代理店ではダメなの?

プロ代理店の良さは分かってもらえたと思いますが、その他が全くダメというわけではありません。

 

ディーラーのベテラン営業マンの中には稀ですが、保険知識や事故経験も豊富な人も居ます。

 

ただし、さすがにFP(ファイナンシャルプランナー)資格までは取らないでしょうし、すべての保険のプロとまではいかないはずです。

 

ディーラーの営業マンに「自宅で自転車が盗まれたけど、何か保険で対応できます?」と聞いて即答できる人はきっといないでしょう。※火災保険の家財で対応できる可能性があります。

 

酷いところになると、毎年一回電話で「同じ内容で継続しておきますね」とだけ伝えて、そのほかは一切何もしない(事故も動かない)ところもあります。

 

それであれば、保険料の高い代理店型で加入している意味がありません。

 

通販型自動車保険で保険料を半額にしてしまったほうが賢いです。

 

 

良いプロ代理店の選び方って?

プロ代理店は保険のプロですが、その中でも良い代理店を選ぶコツをご紹介します。

 

1.従業員が3人以上在籍する

プロ代理店の場合、少人数で経営しているところが割と多いです。もちろん一人で営業している代理店もあります。

 

しかし、出来れば3人以上営業マンが居る代理店の方が良いでしょう。

 

なぜなら、ある程度の売り上げ(保険料扱い高)がある代理店の方が保険会社に対して発言力があるからです。

 

事故の時など、自分が加入しているSC(事故を処理する部署)に対して、契約者の主張を強くアピールしてくれます。

 

2.名刺などに書かれている資格をチェック

勉強熱心な代理店営業マンは、損保生保ともに多数の資格を持っています。

 

FP資格なども持っていれば、相続や生命保険の相談にもきちんと対応してくれるはずです。

 

3.いつでも、携帯電話に出てくれる

本当によいプロ代理店は、いつ電話しても必ず電話に出てくれます。サラリーマンという意識がないので、24時間プロ代理店なのです。

 

もちろん、電話で話しづらい状況もありますが、その時でも「すぐにかけ直します」と電話に出くれる代理店は、信用できますね。

 

事故はいつ起こるか分からないわけですから、「いつでも電話に出てくれる」安心感はとても大切です。

 

 

専属代理店と乗合代理店の違い

実はプロ代理店も二つに分かれます。

・専属代理店(1社の保険会社のみと代理店契約を結んでいる)
・乗合代理店(2社以上の保険会社と代理店契約を結んでいる)

 

例えば、東京海上の専属代理店であれば、「東京海上の自動車保険」しか売ることは出来ません。

 

「それなら乗合の方が保険会社を選べていいね」と思うかもしれませんが、正直言ってどちらを選んでもそれほど違いはありません。

 

現在の代理店型損保は、東京海上・損保ジャパン・三井住友海上など大手が中心です。

 

通販型は基本的には扱っていません。

 

そして、大手の保険料や、補償の内容は大差ないのが現実です。

 

損保ジャパンにあって、東京海上に無い保険は、ほぼ無いと言って良いでしょう。

 

専属代理店にもメリットはあります。それは専属代理店の方が保険約款まできっちり理解している営業が多いです。(1社の商品だけ覚えればよいため)

 

ですから、保険会社にこだわりがないのであれば、どちらのプロ代理店を選んでも問題はないと思います。

 

 

自分の地域のプロ代理店の探し方

では、プロ代理店の探し方についてです。

 

ネット検索で「地域名 保険代理店」や「地域名 プロ代理店」などと検索してみましょう。

 

きっと、地域密着で長年営業しているプロ代理店が見つかるはずです。

 

扱っている保険会社も書いてあるはずなので、「東京海上を扱っているプロ代理店」と探してみるのも良いかもしれません。

 

最近増えている代理店の形として「保険の相談」をメインとした乗り合い代理店があります。

 

大型スーパー内などにある、保険屋さんですね。(あえてオブラートに包んでいます(笑))

 

近年急激に数を増やしています。

 

しかし、個人的にはあまりお勧めしません。ああいった保険代理店は組織も巨大です。

 

実際に店舗で働いている人は完全に「サラリーマン」です。メイン商品も自動車保険というよりは生命保険の比重が高めです。

 

よって、事故の時に駆けつけてくれる可能性は低いと言わざるを得ません。

 

出来るだけ、昔から地域密着できちんと営業してきた代理店を選ぶようにしましょう。

 

 

自動車保険代理店の選び方 まとめ

今回は代理店について色々書いてみました。

 

以前別の記事で「代理店型自動車保険は贅沢品」と書きました。その気持ちは今でも変わっていません。

 

代理店は保険のプロとして「至れり尽くせり」のサービスをして初めて代理店だと思います。

 

そうでないのであれば、贅沢品どころか、ぼったくり商品ですから、通販型自動車保険に変えるべきです。

 

私が18歳の誕生日を迎える前に、当時父の自動車保険を扱っていた代理店の営業マンから

 

まもなく息子さんが18歳の誕生日おめでとうございます。もし免許を取るのであれば自動車保険の年齢条件変更が必要なのでご連絡ください

 

と電話がありました。家族構成や誕生日などのデータを管理しているから出来るサービスですよね。

 

このようなプロ代理店で加入している限り「子供が免許取って事故を起こしたけど、うっかり保険切り替え忘れていた!」なんてトラブルは起こらないのです。

 

今回の文章を読んで、今の代理店のサービスに不満を持ったのであれば、代理店を変更するか、通販型に変更してしまうのが良いと思います。※参考(代理店型自動車保険を変えたい時の代理店への断り方

 

努力をしない代理店は淘汰されるべきですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です